花粉用メガネJINSとZOFFを比較してみた。どっちを選ぶ?

窓の外を見る女性

そろそろ花粉が気になる季節になってきましたね。
今年の花粉飛散状況は例年並みらしいですが、気象協会の花粉情報を見ると、「非常に多い」ところは、昨日は0県だったですが今日は長崎県が「多い」になっています。日一日と花粉の飛ぶ量が多くなってきました。
花粉用のメガネどれを選んだらいいの~?と悩みますよね。もしよければ参考にして下さいね。




花粉症の症状や特徴など

近年問題になっている、PM2.5などの大気汚染物質も飛んで来るので、花粉の季節の外出は要注意です。

花粉とPM2.5を一緒に吸い込むと、今まで花粉症とは縁のなかった人も花粉症になる恐れがあるし、花粉症の人は重症化する恐れがあります。

スギ花粉が直径30㎛(マイクロメートル、1㎛は1ミリの千分の一の長さ)に対し、PM2.5は直径2.5㎛という凄く小さい粒子です。少しでもすき間があると、入り込んでくるので厄介です。

私の身近にも、PM2.5と花粉を吸いこんで(最初は原因が分からなかったそうです)、1年位皮膚科に通っている方がいます。喉は痛いし、顔が腫れてしまい「最近太った?」と会う人ごとにに言われるそうです。
処方されたステロイド薬の副作用で、調子が悪い時もあるとのことで、症状が出ると、治りにくいのも特徴のひとつです。

例に出した彼女も、最初は「風邪かな?」と思ったそうです。それまで花粉症とは無縁で、突然の症状だったそうなので無理もありませんが。鼻水や喉が痛いなど、風邪と間違えやすいので、症状が出たら早めに内科を受診した方がいいですね。

話を聞くたびに「他人事ではない!」と恐怖にかられます。

幸い私は、今のところ花粉もPM2.5の被害にも会っていないけど、これからの季節は、いつにもまして予防が必要だ!と思っているところです。

花粉を防ぐメガネも販売されているので、用意しておくのも大事だと思います。

本格的な花粉の季節に加え、黄砂、PM2.5など、毎年飛来物が多くなってきています。
今や、花粉メガネをかけるのが「あたりまえ」の時代になりつあります。


JINSとZOFFの花粉用メガネの比較


今とっても人気のある、JINSとZOFFの花粉用メガネを比較してみました。

ブランド名JINS(ジンズ)Zoff(ゾフ)
名称JINS花粉CUTAIR VISOR(AIR VISOR ULTRAはゴーグルタイプ)
花粉カット率98%メガネタイプ 91.8%
ゴーグルタイプ(ULTRA) 98.4%
特徴昨年モデルよりフードが深く、より顔にフィット
ノズルパッド・テンプルエンドの調整可能
くもりにくい防曇レンズを装備
マスク、ティッシュがセットになったスペシャルパッケージあり。
度付き対応度付き対応可AIR VISORのみ度付き対応可
紫外線カット率99%以上99%以上
キッズモデルあり
ラバー素材のフードカバーで安全性もアップ。
今日現在なし。
キッズ用も出るという噂だったのですが、どうしたんでしょうねー?
価格メガネ3,990円(度付き5,990円)
サングラス2,990円
メガネ3,150円
(度付き5,250円・7,350円・9,450円)
公式ページJINS公式通販ショップZoff (ゾフ) 楽天市場店


花粉メガネはどれがいい?子供用は?


花粉をしっかりブロックする花粉メガネ、JINSにするかZOFFにするか?

花粉カット率はJINSの方が良いようですね。ZOFFの98.4%はゴーグルタイプなので、通学、通勤用、普段用にと考えると、JINSの方が良いと思います。

キッズ用もあるし選択肢が広いので、私はJINSをおすすめします。

もし子供用の花粉メガネをお探しなら、価格の安いスカッシーを選ぶという選択肢もあります。
スカッシーキッズ用


人気の機種は売り切れが多いので、なるべく早めに購入した方がいいですね。

必ずやってくる花粉、黄砂、PM2.5などに対処するには、花粉専用のメガネをかけるのが一番です!





スポンサーリンク

0 件のコメント :