冬はやっぱりホットコット!今年は綿100%を購入しました


ベルメゾン・ホットコット



寒くなると重宝するのがメルメゾンのホットコットです。去年愛用した綿混のホットコットも着心地が良かったんですが、今年は綿100%のホットコットを購入しました。




綿100%を購入した理由

ホットコット



去年はタートルネックを買わなかったので、今年はタートルネックをメインに購入しようと思っていました。超寒がりなもので、首周りは冷やさないように気をつけています。タートルネックだと重ね着にも便利ですもんね。

綿混に比べ綿100%の方が厚手なので、下着っぽくなくていいかな~っと思ったのが、綿100%の方を選んだ一番の理由です。もちろん肌に優しいのも綿100%ならではです。

今年は発熱がいちだんとアップしたようで、冷え性の私はうれしいかぎりです。



ベルメゾンのカタログを見ると、



無農薬栽培のオーガニックコットン+保湿性の高い中綿綿特殊製法でつくられた発熱綿と、
3つの綿をブレンドして暖かさと肌ざわりをよりアップ


してあると書いてありましたよ。綿にもこだわっているのね~♪





今回購入したのは、綿100%タートルネックインナーのパプリカレッドとブラック、通常の長袖インナーのマスタード(サイズはL)の3着です。

パプリカレッドはこの写真で見るとピンクっぽく映っていますが、実際はオレンジよりの赤です。



思った以上にあったかい!着心地も良い

ホットコット




品質表示は生地にプリントしてあるのでチクチクすることがありません。綿100%なので肌触りもいいですね。着てみると、思っていた以上にあったかくてびっくりしました。

11月とはいえ、九州はまだまだ暑くて、ホットコットの出番はもう少し先になりそうです。



カタログを見ると、




「肌側に軽く起毛をかけたほどよい厚みのあるスムース素材」


と書いてありました。起毛がかかっているからあったかさも増してるんだと納得です。

これだけあったかいと冬本番には大活躍しそう~^^寒がりなのになぜか寒さが待ち遠しいような・・・




着てみた。綿混ほどピタッとしてないのがいい



ホットコット着用写真

158㎝、小太りおばさんがLサイズを着てみるとこんなかんじです。

綿混ほどピタッとしておらず、インナーなのに、Tシャツみたいな感じがします。袖は下着にしては長めなかんじです。(私は手が長いのでちょうどいい)

首周りも程よいゆとりがあるのでキツクないです。私は首が短いので、タートル部分を二つ折りにしてちょうどいいみたいで。首の長いモデルさんみたいにそのまま立てて着れないという・・トホホ。二つ折りにした分、あったかさは増しますけどね^^



マスタードのホットコットは、88歳の私の母が欲しいというのであげました。高齢の母も綿100%は気にいったようでした。



綿100%のホットコット、綿混のホットコット、どっちを選ぶ?



綿100%ホットコット 綿混ホットコット


左が綿100%のホットコット、右が綿混(綿45%)のホットコットです。綿混の方が薄手だとわかりますね。

どっちのホットコットを購入しようか悩まれている方も多いのではないでしょうか。



私が着てみての感想は、

タートルネックは綿100%、タートルでない場合は綿混、がいいと思いました。



綿100%のタートルネックはスーツのインナーにも、重ね着にも、Tシャツみたいな感覚で着用できます。綿混の方は薄手なので、スーツのインナーにはぴったりし過ぎの感があります。(スタイルに自信のある方は除く)



普通にインナーとして着る場合は、綿混の方が薄いのでかさばらずに良いと思いました。




綿2種、綿混2種、計4種でチェックしてみました▽
・綿100%あったかタートルネックインナー(レディース)(ホットコット/BELLE MAISON DAYS)
・綿100%あったか長袖インナー(レディース)(ホットコット/BELLE MAISON DAYS)
・綿混あったか長袖インナー(ホットコット)(MC)
・綿混あったかタートルネック長袖インナー(ホットコット)(MC)


ホットコット icon
スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :